2007年03月21日

あらかじめとじているものがたり

ヤン・シュバンクマイエル最新作『ルナシー』をみた。

こわい。

この方の作品は大体あたしはこわいけれど。
今あたしが一番こわいと思うことは暗く狭いとこに閉じ込められること。
手足を奪われること。
そして出られる希望が無くなること。
そこをダイレクトにざっくり刺された感じ。

こわいのだ、でもそこに希望は必要ないのだ、

スポンサードリンク



posted by 河上由佳 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ふだんのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック