2010年10月03日

真紅組×ステージタイガープロデュース公演「紅の虎」【固定】

出演します! 高校生で!

紅の虎.jpg

【場所】in→dependent theatre 1st

【日時】
10月1日(金)
17:00 A/19:00 B/20:30 A
10月2日(土)
13:00 A/15:00 B/17:00 A/19:00 B
10月3日(日)
13:00 B/15:00 A/17:00 B

A「紅く染めて翼/1990」 B「真昼のユメ/2010」

とある高校の演劇部の20年前と20年後。
同じキャラクターを別々の役者が演じます。

河上はAの方に出演です。
「女子高生」のブームが来る前の「高校生・女子」やります!

【料金】前売2500円/当日2800円
※A・B共通チケット。1枚のチケットで両作品ご覧いただけます。

ご予約は、yukao2010☆ezweb.ne.jp まで!
日時と枚数をご連絡いただければ!
(☆を@に変えてね!)
【紅虎(あかとらと読みたい)の最新記事】

スポンサードリンク



posted by 河上由佳 at 23:59 | Comment(4) | 紅虎(あかとらと読みたい) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Aですか…観れません…残念。
すいません。
Posted by そかし at 2010年10月02日 00:42
いえそんな!!

コメントありがとうございます!!
がんばります!!
Posted by 河上由佳 at 2010年10月02日 09:30
はじめまして。ここで言ってもいいのかどうかわかりませんが書かせていただきます。
僕は、昨日はじめて舞台での劇を見させていただきました。NHKで舞台芝居観て何かおもろそうやな、ミナミでチケット安いもんないかな、思って行っただけで軽い気持ちで見に行きました。
初っ端から圧倒されてたんですが、特に凄かったのが中盤の部長役との二人にシーンと後半の椅子を並べてセリフを述べられるシーンです。声というもので演技されるのは当たり前と思うのですが、どうしてあんなに細かい仕草で感情を表現できんのん!!とか、場を占拠して空間を支配する力とか間の取り方とか・・・ 
演劇が全く素人の僕にはこれが演出による力の部分なのか役者本来の技量か分かりません。ただ講演中は体は痙攣し、足は震えてAが終わった後でも暫く立てませんでした。休憩中の上の階でも心臓ドキドキして手は冷たくなってるしww
こんな立てなくなったのは「穢れ無き悪戯」の映画見たとき以来です。
TV観てて、最近の女優は、ほんまどーしようもないとかぬかしてた自分ですが、演劇というものはそんなものを超越してるんですね。無論川上さんの技量ですが。自分が恥ずかしい。
またこれからも観たいと思います。長々ありがとうございます。
Posted by 矢島 at 2010年10月03日 09:28
はじめまして!

丁寧であつい感想! ありがとうございます!!!
おかげ様で、無事全ステージ終了いたしました!!!

面白い舞台は、たーくさんありますよ!
是非劇場に、足をお運びくださいね!

ワタクシもまだまだ、がんばっていきます!!
またどこかで、お会いしましょう!!
Posted by 河上由佳 at 2010年10月04日 18:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。